SUVÉの極上ボディブラシ

10月 05, 2015

世の中にはたくさんのモノが溢れているのに、本当に大切にしたいものには、なかなか出会えない。

そう感じたことはありませんか?

 SALONでご紹介したいアイテムを探すのも簡単ではありません。

インテリア雑貨の見本市を訪ねても、何かを真似たような商品ばかりが並び、品質へのこだわりと独自の哲学を持って作られたものはそれほど多くないのです。

ところがこの春、ようやくそのひとつに出会いました。

広島の熊野町で、江戸時代から180年以上もの間、熟練の職人の手で化粧筆を作り続けてきた「瑞穂」。

同社が新しく手がけたブランド「SUVÉ」のボディブラシです。

 

 

その最大の特徴は、肌触りのよさ。

じゃりじゃりしたナイロンタオルは肌を傷めると、コットンや麻など天然素材のタオル、柔らかめのボディブラシや海綿をお使いになっている方も多いと思いますが、SUVÉのブラシは弾力がありながら、肌へのタッチがとても優しく、まるで最高級の筆にそっと撫でられているといった感触です。

先端の丸い化粧筆がそのまま6つ並んだような独特のフォルムが、極上の肌触りを生み出しているのです。

 

毛のタイプは二種類。

白いタイプには極細の山羊の毛が使われているため、肌当たりがより柔らかく、敏感肌の方におすすめです。

もう少ししっかり洗い上げたいという方には、ウォーターバジャー(水ムジナ)の毛を使った茶色のブラシをお試しください。

最高級のシェービングブラシにも使われるウォーターバジャーの毛は、吸水性に優れ、毛先までコシがありながら、水を含ませるとしなやかになります。

 

SALONで取り扱っている「サボネリーズ・ブリュッセル」の石鹸との相性も抜群。

水で濡らしたブラシで石鹸の表面を軽く撫でるだけで、きめ細やかな泡が立つので、そのまま肌の上で円を描くようにマッサージしてください。

柄の部分はウォールナット製。表面に防水加工をしているため、水濡れを気にする必要もありません。使用後は軽く水洗いして、風通しのよい所に置いておくだけ。

秋の夜長、ゆったりした気分でバスタイムをお楽しみいただけるSUVÉの極上ボディブラシ。石鹸とセットで贈り物にしても喜ばれる逸品です。

 

  • ボディブラシ ロング(白)w 53 x d 56 x h 288mm 12,960円(税込)
  • ボディブラシ ショート(白)w 53 x d 48 x h 60mm 10,800円(税込)
  • ボディブラシ ロング セミハード(茶)w 53 x d 56 x h 288mm 12,960円(税込)
  • ボディブラシ ショート セミハード(茶)w 53 x d 48 x h 60mm 10,800円(税込)

 ご購入はこちらからどうぞ。




translation missing: ja.blogs.article.additional_articles

Le Monastère des Augustines

6月 18, 2016

世界遺産ケベック歴史地区の修道院ホテル

read more

「消費する」ということ

5月 23, 2016

SALONのひとりごと。

read more

Magical EKollins!!

4月 29, 2016

優美さと心地よさに包まれる一本。

read more