Le Monastère des Augustines

6月 18, 2016

 

カナダ、ケベック・シティのパレ駅から徒歩5分。世界遺産に登録された「ケベック歴史地区」にある「ル・モナステール・デゾーギュスティーヌ(Les Monastère des Augustines)」は、古い修道院を改装したホテルです。その名の由来となった聖アウグスティノ修道会の三人の修道女は、1639年にこの地にやってきて、北米で最初の病院を設立したことで知られています。現在もホテルのすぐ隣にその病院があります。

 

このホテルの素晴らしさは、一言で言うと、古いものと現代的なものの融合です。石造りの修道院とガラスのファサード、17世紀の医術と現代のホリスティック医療、修道女たちの慈愛とホテルのホスピタリティ……。 時代を超えた普遍的な思想や哲学が、それらの見事な融合から見て取れます。

    

しかも、ただのホテルだと侮ることなかれ。ここには、礼拝堂、博物館に聖アウグスティノ修道会の資料室、研修室、ヨガルームまでが併設されているのです。

|||

まずはホテルの部屋からご紹介しましょう。

コンテンポラリー・ルームと名づけられた部屋は建物の最上階となる4階にあります。実は、地下から3階までは修道院の姿がほぼ残されているのですが、この4階だけが全面改装されて現代的な設えになっています。

  (室内の画像は公式サイトから転載)

それほど広くはないものの、真っ白な部屋は清潔感に溢れ、素朴で居心地がよく、静かな滞在を楽しめるようになっています。もちろんテレビも置かれていません。

 

これらのコンテンポラリー・ルームと対照的なのが、3階のオーセンティック・ルーム。修道女たちが暮らしていた小部屋がそのままに、古い天井の梁と宗教画が印象的な、長い廊下の両側に並びます。

  (室内の画像は公式サイトから転載)

当時の面影を残しながら、よりシンプルな居室に改装することで、修道女たちの暮らしぶりを偲ばせるようになっているのがおわかりでしょう。共同のトイレとシャワールームも快適そのもの。

 

2階には研修室やヨガルームがありますが、やはりハイライトは礼拝堂。ミサも行われています。

 

そして、1階に設けられているのが博物館です。ここの展示がとにかく見事! 修道女の礼服から生活用品、医療道具といった、かつて修道院で使われていたさまざまな収蔵品が、まるでコンテンポラリー・アートの美術館のように、ガラスや鉄製の造作物と巧みに組み合わされて並んでいます。これほど見た目に美しく、鑑賞しやすく、わかりやすい展示は、世界広しといえどそうあるものではありません。

 

さらに注目すべきは、ホテル内で体験できる各種のプログラム。博物館のガイドツアーはもちろん、ヨガやメディテーション、ワークショップ、レクチャー、コンサートに参加できるほか、健康診断まで受けられるという充実ぶり。長期間の滞在でも飽きることはなさそうです。

|||

Le Monastère des Augustinesは、SALONが理想とする空間づくり、時間の過ごし方、生き方への提案が随所に見て取れるホテルです。ケベックを訪れる機会があれば、ぜひ一度お泊まりになってみてください。

そうそう。一つ大事なことをお伝えし忘れました。ホテル内のレストランでは、オーガニックな自然食を中心としたメニューをお楽しみいただけます。朝食もいいですが、サラダ、スープ、メイン料理と、デザートにハーブティーが付いた夕食のセット・メニューもおすすめですよ!

 

 

 

Le Monastère des Augustines

77, rue des Remparts, Québec (Québec), G1R 0C3 Canada

http://monastere.ca/en

 

 




translation missing: ja.blogs.article.additional_articles

「消費する」ということ

5月 23, 2016

SALONのひとりごと。

read more

Magical EKollins!!

4月 29, 2016

優美さと心地よさに包まれる一本。

read more

祝福のトポス|豊島美術館

2月 11, 2016

 onmousedown=

内藤礼×西沢立衛の豊島美術館

read more