STEIDL BOOK FAIR

現在、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開催中の「Robert Frank: Books and Films, 1947-2017」展にあわせ、SALONではSTEIDL BOOK FAIRを行っています。

 

 

本好きの方なら、シュタイデル社(Steidl Verlag)の名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ドイツ、ゲッティンゲンを拠点にするシュタイデル社は、1968年、地元出身のゲルハルト・シュタイデルによって創設されました。

印刷技術を独学で身につけたシュタイデルは、1972年、22歳の時に初めての書物を出版。ちょうどその頃、ドイツ現代美術界のスーパースターだったヨーゼフ・ボイスと仕事を始め、ボイスが亡くなるまでの14年間、彼のマルチプル作品や印刷物のほとんど全てを手がけるようになります。「あらゆる点において、ヨーゼフ・ボイスは私の先生でした」と語るシュタイデルは、その後も、本を作るということを自らの芸術活動として位置づけるかのように、世界一流の写真家の作品集やアーティスト・ブックなどを次々に生み出していきます。その厳しい審美眼で選ばれた紙やインク、こだわり抜かれたデザインと製本により、シュタイデル社が出版する本は、どれも芸術品のようなクオリティを誇っているのです。

 

 

シュタイデルの本作りに対する情熱を敬愛するアーティストは数知れず。ロバート・フランク、ウィリアム・エグルストン、ジョエル・スタンフェルド、ロバート・アダムズ、ソール・ライターら写真家にくわえ、ロニ・ホーン、ジム・ダイン、エド・ルシェといった現代アーティスト、シャネルのファッション・デザイナーで写真家のカール・ラガーフェルト、小説家ギュンター・グラスまで、錚々たる面々がシュタイデル社から本を出版しています。

 

 

 

 

STEIDL BOOK FAIRでは、東京のアートブック専門店POSTの協力を得て、シュタイデル社から出版された書籍44冊をご紹介しています。ぜひ一冊ずつ手にとって、その製本の見事さ、装幀やデザイン、印刷の美しさを実感してください。あるいは、シュタイデル自身が大好きな印刷インクの匂いもぜひ!

 

 

 

 

 

STEIDL BOOK FAIR

Sep 2-22, 2017|会期中無休|

月-金 11:00-18:00/土・日・祝 10:00-17:00